騒音・振動のある所でSRダンパーは活躍しています

音とは

  音とは空気等を伝わる"音波"による聴覚的な現象を指します。
人間が感じる音の周波数は約20〜20,000Hz(ヘルツ)、
音圧の範囲は20μPa〜20Pa(パスカル)、音速は室温で約340m/sです。
また、騒音とは「望ましくない音」のことを言います。

音の形態

デシベルとは

  人の感じる音の強さ(音圧)の範囲は20μPa〜20Paと100万倍も違うのでそのままでは扱いが大変です。そこでdB(デシベル)という相対単位で表します。そうすると、20μPa = 0dB、20Pa=120dBとなり扱いやすくなります。

音圧レベルの差(dB) 倍数 音圧レベルの差(dB) 倍数
0dB 1倍 0dB 1倍
3dB 2倍 -3dB 1/2
6dB 4倍 -6dB 1/4
10dB 10倍 -10dB 1/10
15dB 30倍 -15dB 1/30

例えば、

  • 点音源( ・ )の場合 
         → 距離が2倍になると「6dB」小さく(パワーが1/4に)なります。
  • 線音源(------)の場合 
         → 距離が2倍になると「3dB」小さく(パワーが1/2に)なります。

  • 騒音レベルとは

      音の大きさ自体は音圧レベルで表されますが、同じ音圧でも人間は周波数によって大きさの感覚が異なります。普通は4kHzでもっとも感度が高くなりそこから離れるに従って感度が悪くなっていきます。
    騒音レベルとは、音圧レベルに対してそのような周波数補正(A特性と呼ばれます)をかけたものを言います。

    騒音レベルの目安

    騒音レベルの目安

    騒音対策とは

      騒音を、遮音・吸音・防振・制振材の組合せで出来るだけ小さくすることが騒音対策です。音には、空気中を伝わってくる音(空気音)と、物体を通って伝わってくる音(固体音)があります。空気音については遮音・吸音を、固体音に対しては防振・制振対策を施して防音を行います。

  • 遮音

    遮音とは、物体の振動によって発生した音が外部にもれたり内部に入り込んだりしないように遮断することをいいます。(遮音シートや石膏ボードなど) 対策例_遮音材

  • 吸音

    吸音とは、音の通路に音を吸収する材料(吸音材)をおき、音を反射させないことをいいます。(フェルト、グラスウール、発泡ウレタンなど) 対策例_吸音材

  • 防振

    防振とは、振動源に防振装置を入れて、振動の伝達を出来るだけ少なくして、伝えないようにすることをいいます。(防振マット、クッションゴムなど) 対策例_防振材

  • 制振

    制振とは、物体に振動を減衰する材料(制振材)を貼り付けて、振動を低減ことをいいます。(制振シートなど) 対策例_制振材


  • 〜お問合せ先〜

    埼玉ゴム工業株式会社
    〒347-0057
    埼玉県加須市愛宕2-5-24
    TEL:0480(61)1129 FAX:0480(62)2420
    E-mail:info@saitamagomu.co.jp