臭気分析について

  悪臭の主な原因物質として22物質が特定悪臭物質に指定され規制されています。しかし、におい物質は数十万種類以上存在し、特定悪臭物質の規制だけでは限界があります。
  そこで、平成7年に悪臭防止法が改正され嗅覚測定法による臭気指数での規制が導入されました。現在、臭気指数での悪臭の規制が主流になりつつあります。
  当社では三点比較式臭袋法により臭気指数測定を行っています。

臭気指数について

  悪臭防止法に基づいた分析で、各種に排出されている悪臭や排ガスなどの臭気の 強度や濃度を嗅覚測定法により臭気の指数として表すものです。
  嗅覚測定法(三点比較式臭袋法)とは、人間の嗅覚で感知できなくなるまで採取した 空気を徐々に希釈していき、臭いを感じなくなった希釈倍数で臭気指数を算出する方法です。

臭気指数で規制されている対象には以下の臭気があります。  

  • 敷地境界線における臭気  
  • 排出口における臭気  
  • 排出水の臭気

  • 臭気分析の現状

      埼玉県では原則として、悪臭に関する苦情が発生した場合に測定を行う義務が発生します。 いくつかの市町村では特定悪臭物質による規制を行っていますが、臭気指数による規制に変わりつつます。

    (例)加須市の敷地境界線における規制基準・・・工業地域で臭気指数18
    その他、場所により規制基準が異なりますのでご相談ください。


    〜お問合せ先〜

    環境メッシュ
    (埼玉ゴム工業(株))
    〒347-0057
    埼玉県加須市愛宕2-5-24
    TEL:0480(63)1700 FAX:0480(63)1556
    E-mail:info@saitamagomu.co.jp